2017 Coupe du Japon やまぐち十種ヶ峰国際DHI

山口県で開催されたマウンテンバイク ダウンヒル競技である”2017 Coupe du Japon やまぐち十種ヶ峰国際DHI”のライブストリーミング配信を弊社にて担当させていただきました。
弊社は自転車競技のロードレースのライブストリーミングを得意としていますが、実のところマウンテンバイクダウンヒルのライブストリーミングの実績は1度しかありませんでした。
しかし、この度総合サイクルイベント「All Yamaguchi Ride Festa 2017」の一環として開催された”やまぐち十種ヶ峰国際DHI”のお話を頂き今までのライブストリーミングのノウハウを生かして挑戦させていただく事になりました。
特にダウンヒルという競技の性質上、お客様はゴールエリアにいる為、斜面の上にいる選手のスタートの状況を見る事ができないとの事。会場で観戦されるお客様の為にまずはスタートの状況を観戦できるようにする事が重要なポイントになると感じました。

フニッシュエリアに設置したビションカー。


また山口県の山間部である会場の立地的な問題もあり本番当日、予想通り映像を受信する為の下りの回線スピードが平均300kbpsと非常に厳しい状況となりました。
しかし、弊社ではライブストリーミングに取り組んで約10年、数年前までは300Kbpsはごく当たり前な状況でライブストリーミングに取り組んできた弊社の細かなノウハウが随所に行かされ、配信できるギリギリの帯域で映像の配信量を細かくチューニングして行く事で、無事配信に成功いたしました。
電波状況の厳しいエリアでも映像を途切れさせる事無く配信をつづける事はライブストリーミングと長年格闘してきた弊社の大きな財産でもあると再認識させていただきました。

関係者の方々によると国内ダウンヒル競技のUCIレースでライブストリーミングが成功しさせたのは今回が初めてではないかとの事。今後より、ダウンヒル競技への造詣を深め国内ロードレースと同様、ダウンヒル競技のファンの皆さんがライブストリーミングで楽しむ事が当たり前になるように努力を重ねてゆきたいと思います。

関連記事一覧

PAGE TOP